なんだかピントが合わないと感じたら老眼かチェック【老眼の若年化】

MENU

年齢に関係なく悩まされる

目元

目を守るために

近くのものが見えにくくなり、遠くのものが良く見える目の状態のことを老眼といい、多くの人が中高年頃から悩まされるようになります。しかし、最近ではスマートフォンの普及にともないスマホ老眼といわれる症状に悩まされる若年層が増加しています。これは、スマートフォンを見るときに知らず知らずに目を酷使してしまい、目の調節力が弱くなるためにおこります。その他にも、夕方や週末など決まった時間や曜日になると老眼の症状に悩まされている人もいます。自分がこれらの老眼になっているかどうかは、簡単なチェックをすることで確認できます。チェックは簡単で、本や新聞を読むときに離すとはっきりと文字が読め近づけると読めないもしくは読みにくくなる、明るいときは問題ないものの周囲が暗くなってくると何となく見えにくくなるなどです。もう少し、詳しくチェックしてみたいときはインターネットなどで検索をかけると、いくつかのチェック法がでてくるのでそれで確認してみましょう。もし簡単な老眼チェック法で、老眼の疑いを持ったら気のせいとは思わずに必ず医師の診察を受けることが大切です。医師の診察を受けることで、気のせいなのかそれともどれくらいの老眼なのかをはっきりとさせることができます。それによって、メガネを替えたり生活習慣を見直すことができ、スマホ老眼などの一時的な老眼なら回復も可能です。また、自分にあった老眼鏡をかけるようになれば知らずにかけていた目への負担を軽減できます。

Copyright© 2018 なんだかピントが合わないと感じたら老眼かチェック【老眼の若年化】 All Rights Reserved.