なんだかピントが合わないと感じたら老眼かチェック【老眼の若年化】

MENU

自分で症状を予防する

目元に触れる女性

若い世代にも起こり得る

老眼は、水晶体の厚みの調節を行う機能が弱まることにより生じます。物を近くで見る時と遠くで見る時とでは、水晶体の厚みが違います。物に対して適正な厚みの調整ができないとピントが合わず、物が見えにくくなってしまいます。水晶体の調節能力は、年齢とともに低下します。しかし、近年ではスマートフォンの普及などから若い世代にも老眼の症状を抱える方が増加しています。老眼は、年齢に関係なく生じる症状となっているのです。老眼に対しては、セルフチェックを行うことが可能です。セルフチェックのひとつとして、指差し確認があります。目の前に人差し指を出してゆっくりと遠ざけ、指の指紋が見える位置で止めます。この指紋が見える位置が30センチ以上の場合は、老眼の疑いがあります。その他にも、生活習慣からチェックする方法もあります。セルフチェックにより老眼の疑いが生じた場合は、症状がこれ以上進まないために予防を行うことが大切です。自宅で老眼の予防をする際には、毛様体を鍛えることが良い方法です。毛様体は水晶体の厚みを調整する筋肉です。毛様体が鍛えられるとピント調節がスムーズになり、老眼の症状改善に繋がります。毛様体を鍛える方法としては、遠くと近くを交互に眺める体操や目を開いたり閉じたりする体操があります。また、瞳をグルッと回す体操も効果的です。自分で予防を行っても症状が改善しない場合は、眼科で診察を受けることが重要です。定期的に老眼のチェックを行い毎日予防を行えば、クリアな視界で生活をすることができます。

Copyright© 2018 なんだかピントが合わないと感じたら老眼かチェック【老眼の若年化】 All Rights Reserved.