なんだかピントが合わないと感じたら老眼かチェック【老眼の若年化】

MENU

早めの対応を

考える人

スマホの使い過ぎにも注意

老眼とは、目の老化現象のことで、主に近くのピントがあいづらくなるといった症状が出るものです。老眼はすべての人に起こるといっても過言ではなく、平均して40〜50歳頃に症状が出始めます。近年ではスマホの使い過ぎにより目を酷使する人が増えているため、スマホ老眼という新しい言葉も登場してきています。スマホの使い過ぎが原因の場合、早いと20代で症状が出ることもあります。放っておくと症状が悪化するだけでなく、そのほかの体調にも影響してくるので、なるべく早く対策をとるのが重要です。誰もが老眼になるといっても、それに気づくタイミングは人それぞれです。早めに対応するには、セルフチェックなどで随時目の状態をチェックするのが重要となります。最も手軽なチェック方法は近点チェックと呼ばれるものです。近点チェックとは、最も近くでピントがあう場所をチェックする方法です。人差し指などを目の前に持って行き、徐々に遠ざけていってピントが合う部分を探します。ピントが合う部分が30センチ以上だと要注意です。ピントが合う部分が遠くなればなるほど老眼は進んでいるといえます。他にも、年齢を重ねるごとに目のトラブルは出てくるものです。対策としては適切な眼鏡をかける、スマホの使い過ぎが原因の場合は使用時間を減らしたり明るさを抑えたりするといった方法があります。不安ならば一度眼科や眼鏡屋さんにいって、きちんと検査をしてもらうとよいでしょう。

Copyright© 2018 なんだかピントが合わないと感じたら老眼かチェック【老眼の若年化】 All Rights Reserved.