なんだかピントが合わないと感じたら老眼かチェック【老眼の若年化】

MENU

定期的に視力を確認

女の人

小さい文字が読めない

老眼は年を取ると誰にでも現れる眼の機能低下です。まだまだ自分は大丈夫と思っていても、小さい文字を読むときに眉間にしわがよっていたり眼を細めて見る癖がついているという人は、目の周りの筋力が弱っている証拠です。しかし最近では年齢に関係なく老眼になる人が増えていると言われています。スマホ老眼と言われる症状で、小さい文字が読みづらい、暗い所ではものが見えにくい、など加齢で起こるのと同様の症状が見られるのです。老眼になっているかどうかのチェックとして簡単にできる方法は、人差し指の指紋を目から10cmほどの位置からだんだん離していってピントが合うポイント、近点を見つける方法で、その距離が30cm以上になると老眼であると言われています。その他にもスマホででチェックするアプリもたくさんあります。年齢が若い人ならスマホやPCを使用する時間を短縮することが第一の予防になりますが、加齢による老眼で老眼鏡が必用なら早速調達することが老眼の進行を遅らせる方法です。チェックをしてみてこれは危ないと思うようなら目の体操を始めるのも良いでしょう。老眼の原因は目の周りの筋肉が弱まってピントを合わせる調節ができないことにあります。目の周りの筋肉をトレーニングすることで症状の進行を緩和することができるのです。若くても年齢を重ねていてもそのまま放置しておくのが一番目には悪いのです。目に過度のストレスをかけていると、頭痛や吐き気など身体の他の部分に支障が出てきます。見え方がおかしいと気になったら、チェックしてみて目にあった眼鏡で目のストレスをほぐしてあげましょう。

Copyright© 2018 なんだかピントが合わないと感じたら老眼かチェック【老眼の若年化】 All Rights Reserved.