なんだかピントが合わないと感じたら老眼かチェック【老眼の若年化】

MENU

RECOMMEND POST

若年化傾向があります

メンズ

体質で見え方が変わります

老眼は人によって発症のタイミングが異なります。近視や遠視といった眼の体質によっても自覚症状が異なるため、いつから老眼になるのかの定義は難しいですが、簡単なチェック方法で自分の眼の現状を把握しておきましょう。普段から眼鏡を掛けない正視の人と近視や遠視といった眼鏡が必要な人でも見え方が異なります。正視の人の場合、眼前30センチの所に細かな書面を置いて数分間読み続けてみましょう。ピントが合わなく感じたり眼精疲労を感じる人は老眼の可能性があります。次に書面を40センチ以上離して書面を見た際に疲れや見え方が改善する人も老眼の症状が現れているかもしれません。遠視の眼鏡を掛けている人は比較的老眼の症状が自覚しやすく、遠方を見るための遠視の度数だけでは近くのものを見ることができなくなります。眼科医にチェックしてもらい遠近両用へ変更するとよいでしょう。近視の場合、眼前30センチの書面を見た際に書面を離したくなったり眼鏡を外したくなる人は、老眼の兆候が出ています。また、眼鏡を掛けたまま左右の眼の見え方の違いもチェックしておきましょう。片眼だけ近くが見やすい人は眼鏡の度数バランスが崩れている場合があります。老眼が生じると共に遠用部の度数が増えたり乱視が伴うこともあり、眼科医にチェックしてもらい見え方を見直しするとよいでしょう。平均的には40代半ばから老眼の症状が現れるといわれます。しかし、デスクワークが多い現状では老眼の若年化が見られるため、定期的に健診を受けましょう。

Copyright© 2018 なんだかピントが合わないと感じたら老眼かチェック【老眼の若年化】 All Rights Reserved.